GitLab-CE
https://github.com/ksoichiro/gitlab-i18n-patch
GitLab-ce を日本語化してDocker-Compose で構築してみました。

日本語化可能なバージョンの確認

https://github.com/ksoichiro/gitlab-i18n-patch/tree/master/patches
日本語化パッチv9.1.4(= GitLab-ce 9.1.4 版) が最新でした。

ファイルのダウンロード

Dockerfile, docker-compose.yml のテンプレートをダウンロードします。
日本語化パッチはv9.1.4版をダウンロードします。

$ mkdir docker-gitlab-ce; cd $_
$ wget https://raw.githubusercontent.com/ksoichiro/gitlab-i18n-patch/master/docker/Dockerfile.template -O Dockerfile
$ wget https://raw.githubusercontent.com/ksoichiro/gitlab-i18n-patch/master/docker/docker-compose.template.yml -O docker-compose.yml
$ wget https://github.com/ksoichiro/gitlab-i18n-patch/raw/master/patches/v9.1.4/app_ja.patch -O app_ja.patch

Dockerfile の編集

今回利用するGitLab-ce のバージョン9.1.4を指定します。

Dockerfile
#FROM gitlab/gitlab-ce:@VERSION@-ce.0
FROM gitlab/gitlab-ce:9.1.4-ce.0
RUN apt-get update > /dev/null 2>&1 \
&& apt-get install patch > /dev/null 2>&1
ADD app_ja.patch /tmp/
RUN cd /opt/gitlab/embedded/service/gitlab-rails \
&& patch -p1 < /tmp/app_ja.patch > /dev/null 2>&1

docker-compose.yml の編集

Docker サービス名はdocker-gitlab-ceにしました。
リッスンするポート番号は固定にします。10080 にしてみました。

docker-compose.yml
version: '3'
services:
#app:
docker-gitlab-ce:
build: .
hostname: localhost
restart: always
ports:
#- '@HTTP_PORT@:80'
- '10080:80'
volumes:
- ./config:/etc/gitlab
- ./logs:/var/log/gitlab
- ./data:/var/opt/gitlab

GitLab-ce の起動

$ docker-compose up -d

コマンド実行後、しばらくするとWeb 画面からアクセスできるようになります。

GitLab-ce の停止

$ docker-compose down

コメント

2017-05-18