antergos gnome shell

Antergos にGNOME Shell 3.25.2 をインストールしてみました。

gnome-devel リポジトリの有効化

  • [core]行の前あたりに以下のコードを挿入します。

    /etc/pacman.config
    [gnome-devel]
    SigLevel = Never
    Server = http://softwareperonista.com.ar/repo/archlinux/gnome-devel/x86_64
  • 更新

    $ sudo pacman -Syyu

GNOME Shell Extension の導入

  • chrome-gnome-shell-git の導入

    $ yaourt chrome-gnome-shell-git
  • GNOME Shell integration アドオンの導入
    GNOME Shell Extension のページの上のリンクから

  • GNOME Shell Extension の導入

    • Argos
    • Dash to Panel
    • Dynamic Panel Transparency
    • Gnome-Shutdown Button
    • TopIcons Plus
    • Workspaces to Dock

日本語フォントのインストール

$ sudo pacman -S noto-fonts-cjk

LightDM のテーマ修正

日本語表示にすると時刻がウィンドウをはみ出してしまいますので対策をします。

フォントサイズを変更する方法

font-size を96px から64px に変更してみました。

lightdm antergos

/usr/share/lightdm-webkit/themes/antergos/css/style.css
/* Clock Widget */
.time {
font-family: "Open Sans", sans-serif;
/* font-size: 96px; */
font-size: 64px;
font-weight: 300;
line-height: 1em;
text-decoration: none;
color: #3D73C5;
background-color: rgb(252, 247, 247);
transition: 1s ease-out;
position: relative;
top: 11px;
}

表示言語を変更する方法

そもそも日本語である必要はないので、表示言語を変更してしまいます。

lightdm antergos

/etc/lightdm/lightdm-webkit2-greeter.conf
#time_language = auto
time_language = en

GDM に切り替える方法

そもそもLightDM はマウス操作が面倒だから、GDMに切り替えてしまいます。

$ sudo pacman -S gdm
$ sudo systemctl disable lightdm && sudo systemctl enable gdm

コメント

2017-05-28