主にQemu/KVM の仮想化環境を構築をします。

利用パッケージ

  • virt-manager
  • gnome-boxes

仮想環境の作成 (virt-manager)

  • ディスク、ネットワークには、virtio を指定する。
  • ディスク形式はqcow2を指定する。

仮想環境のローカル接続 (virt-manager)

仮想環境のリモート接続 (virt-manager)

  • あらかじめ、ssh-copy-id しておく
  • リモートホストとの接続を追加する。

仮想環境のローカル接続 (GNOME Boxes)

  • URL にqemu:///system を指定する

仮想環境のリモート接続 (GNOME Boxes)

  • あらかじめ、ssh-copy-id しておく
  • URL にqemu+ssh://user@host:port/systemを指定する
  • 起動とサムネイル表示はできるけれど、デスクトップ表示に切り替わらない?

仮想環境のリモート接続 (Android)

  • VM King でVM を起動/停止する
  • aSPICE Free で接続する

仮想環境の変換 (KVM -> VMWare)

USAGE
qemu-img convert [-c] [-p] [-q] [-n] [-f fmt] [-t cache] [-T src_cache] [-O output_fmt] [-o options] [-s snapshot_id_or_name] [-l snapshot_param] [-S sparse_size] filename [filename2 [...]] output_filename

-f には、rawqcow2を指定する。

  • raw
    Raw disk image format (default).
  • qcow2
    QEMU image format, the most versatile format. Use it to have smaller images (useful if your filesystem does not supports holes, for example on Windows), optional AES encryption, zlib based compression and support of multiple VM snapshots.
$ sudo qemu-img convert -p -f qcow2 ubuntu.img -O vmdk ubuntu.vmdk

VMWare でVM の雛形を作って、.vmdk を差し替える。