http://irrlicht.sourceforge.net/
Irrlicht Engine はクロスプラットホームでオープンソースな3D エンジンです。Irrlicht Engine フォーラムやチュートリアルのコードに少しアレンジを加えて実行してみました。動画版はこちら。ソースコードはこちら

XEffects: HLSL/GLSL シェーダ

xeffects

IrrAR: ARToolKit ラッパ

artoolkit irrlicht

CPhysics: 物理エンジンBullet

bullet irrlicht

Freeflight: 物理エンジンODE 等

irrlicht ode

IrrMMD: PMD/VMD/MQO インポータ

irrlicht pmd vmd

VideoMaster: Theora 形式動画再生(ビデオ+オーディオ)

irrlicht theora

libIRC/Tircd: IRC クライアント/ツイッターブリッジ

irrlicht irc twitter

StateT & GraphT : State Machine

cAudio : OpenAL ラッパ

IrrlichtML / irrlicht i18n

Blood & Water Effects

irrlicht blood water

SPARK - Particle System

irrlicht SPARK

irrCg

irrcg irrlicht

Android

android ndk irrlicht pmd vmd freetype
proton android irrlicht quake map

Lens Flare

irrlicht lens flare

Irrlicht Engine アプリケーション開発環境構築

  1. 私の開発環境の概要
    • OS はUbuntu (Linux)
      Ubuntu では各種前提パッケージの新しいバージョンが提供されていて、パッケージマネージャから簡単にインストールすることができます。Irrlicht Engine 自体も安定版パッケージ(libirrlicht-dev)が登録されています。また、Irrlicht の最新開発版のソースコードを取得して、簡単にコンパイルして導入することもできます。
    • 統合開発環境はCode::Blocks
      Code::Blocks はクロスプラットホームで日本語化も可能なC/C++ の統合開発環境で、古いVisual Studio に操作性が似ています。Irrlicht Engine アプリケーションプロジェクトのウィザードもついています。Irrlicht Engine のサンプルはCode::Blocks 形式プロジェクトでも提供されています。
  2. 前提パッケージ/関連パッケージのインストール

    $ sudo apt-get -y install build-essential xserver-xorg-dev x11proto-xf86vidmode-dev libxxf86vm-dev mesa-common-dev libgl1-mesa-dev libglu1-mesa-dev libxext-dev libxcursor-dev
    $ sudo apt-get install libfreetype6-dev freeglut3-dev libboost-dev libglew1.5-dev libtheora-dev libopenal-dev codeblocks
  3. Irrlicht Engine Nightly Builds の取得とビルド
    http://sourceforge.net/p/irrlicht/code/HEAD/tree/ から最新版をダウンロードして展開する。

    $ cd source/Irrlicht
    $ make
  4. コンパイラ(include パス)の追加設定(必要に応じて)

    • /usr/include/freetype2
  5. リンカ(lib パス)の追加設定(必要に応じて)
  6. その他の興味深いライブラリ